Home    政治学  ベトナムは、日本に派遣された研修生の数で先頭に立っています。

ベトナムは、日本に派遣された研修生の数で先頭に立っています。

これは、労働特別部隊と社会福祉省と日本職業訓練国際協力機構(JITCO)との特別技能労働プログラムおよびインターンシッププログラムに関する協力覚書の調印式での情報です。生まれたスキル、午前25/11。
 署名式では、戦争無効者および社会問題の労働副大臣が、日本は今ベトナムが労働者を仕事に送り出している4つの主要な労働市場の1つと考えられていると述べました。
これはベトナム人労働者に好まれ、良好な労働条件と収入のある市場です。研修生の平均収入は約1,200米ドル/月です。
2018年には、68,000人以上のベトナム人研修生が日本に来て働き、約16万人の労働者に派遣されてスキルを練習しました。ベトナムはまた、研修生を日本に送る15か国から派遣された研修生の数が最も多い国になりました。
海外労働管理局のデータと社会傷兵労働省によると2019年の最初の9か月間のみ、海外で働くベトナム人従業員の総数は104,615人の従業員(35,815人の女性従業員)は2019年に計画の87.2%に達しました(2019年、ベトナムの労働者を契約の下で海外に派遣する計画は120,000人の従業員です)。日本:53,610人の従業員(20,250人の女性従業員)
それ以来、雇用の創出と多くの人々の生活の改善、国の外貨源の増加、人材の質の向上に貢献しています。外国人労働局とJITCOの協力覚書によれば、ベトナムでの研修生の日本での実践の受け入れは1992年から実施されています。
この機会に、レ・タン・ズン副大臣はJITCOに、海外労働管理局およびベトナムのその他の関連機関と引き続き緊密に協力して、技能および特殊労働のための研修生の派遣を実施するよう要請した。ベトナムから日本は高い効率をもたらしました。同時に、情報の普及を強化し、ベトナムの送信組織に日本の規制を理解するよう助言する。
JITCOの八木博之社長は、2019年にベトナムの研修生の数が日本に就職するすべての国の研修生の50%を占めていると伝えた。同時に、日本はベトナムが労働者を送り出している重要な市場でもあります。
昨年4月、日本は、入国管理法の改正を公式に可決しました。この法律は、熟練した外国人の特別目的労働者の入国を許可しています。
したがって、八木博之氏は、この新しい特別なスキル体制は、スキル訓練生体制の発展と、次回、ベトナムと日本の労働協力の新しい柱と並行するだろうと述べました。
 海外労働局との協力協定の再署名は、ベトナムの技能実習生と熟練技能実習生を日本で実践し、働かせるための管理を促進し調整することを目的としています。。
 新しい協力議事録の主な内容は、双方が協力して、技能実習生と熟練労働者のプログラムの実施を促進することです。
                               ソース:VNEconomi

  • Share:

Related Posts

29 11月

ゲアンに投資する日本企業100社の交流と協力( )

8月22日の午後、ゲアン人民委員会はBra...

Read More