Home    政治学  ゲアンに投資する日本企業100社の交流と協力( )

ゲアンに投資する日本企業100社の交流と協力( )

8月22日の午後、ゲアン人民委員会はBrainWorksGroup(BWG)と共同でゲアン-日本ビジネスコネクション会議(第67回EGAビジネス会議)を開催しました。
ゲアン省人民委員会副会長のレ・ゴック・ホア様。ゲアン州党委員会書記のグエン・ナム・ディン様。連合ベトナム経済研究所の元ディレクター様、チャン・デイン・ティェン博士。室岡直道JICAベトナム事務所副所長BrainWorksGroupの社長である近藤昇は、ベトナム及び日本企業90社とTHANH VINH 総合 及び人材供給株式会社のファム・バー・フォン社長を務めています。
この会議は、ゲアン省が日本のビジネス界に州の可能性と投資機会を紹介し促進する機会であり、ゲアン企業が基礎を結び、交換し、学び、築く機会でもあります。日本のビジネス界とのビジネス投資活動の基盤。
JICAベトナム事務所の副代表である室岡様は、ゲアンが農業だけでなく観光など多くの分野で日本からの投資を誘致する場になるのを支援したいという希望を表明しました。
同時に、JICA代表は、ゲアン省が強みとして農産物に焦点を合わせ、より深く掘り下げ、ゲアン農産物をより高いレベルに引き上げるための高度な技術をもたらし、価格を引き上げるべきだと強調した。
THANH VINH 総合 及び人材供給株式会社は、すべての日本企業の協力に協力し、応援し、協力することを楽しみにしています。さらに、ゲアン省の人民委員会の支援を受けたいと考えています。
2018年、ゲアン企業と日本のパートナー間の輸出高は2,213万米ドルに達しました。現在、ゲアン省には日本からの8つのFDIプロジェクトがあり、総投資額は9,200万米ドルを超えています。
日本はまた、ゲアンへの最大のODAドナーです。これまでのところ、ゲアンでの日本が資金を提供するプロジェクトの総数は44であり、総資金は5兆7000億ドンです。

  • Share:

Related Posts

29 11月

ベトナムは、日本に派遣された研修生の数で先頭に立っています。

これは、労働特別部隊と社会福祉省と日本職業...

Read More